透明と不透明を組み合わせたペア皿(Y.M.さんの作品)

カテゴリー: 
ガラス教室の作品紹介  2018/10/18 (木) 16:25 水吉郁子
IMG_2718_m.jpg
主に、ガラスの粉で作るところから、
この技法をパウダーフュージングと呼んでますけど、
粉じゃなければダメ、という訳ではありません。
ロンデルという透明で気泡が入っていないガラス板(右の写真)
使うこともあります。
今回紹介するのは、そのロンデルと
ガラスの粉で作った不透明なガラス板を組み合わせた作品です。

まず、不透明色のガラスの粉と、透明色のカケラを組み合わせて
ロンデルと同じサイズの丸くて白い板ガラスを作ります。
透明なカケラの部分から不透明色のガラスが透けて見えるので
表情があるガラス板ができました。

次に、そのガラス板をカットして、
白い不透明なパーツを作ります。
そして、透明なロンデルの方も同じ形にカットして、
透明なパーツを作ります。
これで、同じ形をした
不透明なパーツと透明なパーツが1枚ずつできました。

そうしたら、パーツを並べて2枚のお皿にします。
2枚のうちの一方に透明なパーツを置いたら、
もう一方の同じ場所に不透明なパーツを置きます。
これで、透明と不透明の位置が
反転したお皿が2枚できます。

これを電気炉で加熱焼成し、
スランピング技法で成型してお皿の完成です。

2枚のペアの作るときの発想が面白いですね♪
似ているようで似ていない、
似ていないけど似ている、
長年連れそった夫婦を連想してしまうのは
私だけでしょうか?(笑)

コメント

2018/11/19 (月) 02:43, 匿名希望

Hey There. I discovered your blog using msn. This
is an extremely neatly written article. I will
be sure to bookmark it and come back to read extra of your helpful information. Thank you for the post.
I'll definitely return.

Feel free to visit my web blog: ทำสาวแบตเตอรี่ - http://elllo.org/script_poll/phpinfo.php?a%5B%5D=%3Ca+href%3Dhttps://www.lazada.co.th/products/i229176508-s350497128.html%3E%E0%B8%97%E0%B8%B3%E0%B8%AA%E0%B8%B2%E0%B8%A7%E0%B9%81%E0%B8%9A%E0%B8%95%E0%B9%80%E0%B8%95%E0%B8%AD%E0%B8%A3%E0%B8%B5%E0%B9%88%3C/a%3E