色鮮やかな四角が踊る丸皿(O.Y.さんの作品)

カテゴリー: 
ガラス教室の作品紹介, ガラス教室の案内  2019/08/09 (金) 15:50 水吉郁子
IMG_5495_m.jpg
今日紹介するのは、
教室に通い始めたばかりのO.Y.さんの初作品です。

最初、基本的な制作工程を説明するのですが、
人間って、一度経験してみないと、
いくら言葉で説明を聞いてもイメージが湧いてきませんよね。
なので、最初は一番シンプルな方法で作ることにしました。

こういうときはカケラを使うのが定番です。(笑)
カケラ箱から色鮮やかなカケラを選んで
いろいろな大きさの四角にカットして、棚板の上に並べ
透明なガラス粉を被せて焼成します。
これで、色鮮やかで楽しげなガラス板ができました。
四角の大きさを揃えなかったことで、動きが出ました。

このままお皿にしても良かったのですが、
「ガラス粉で線を描いてみたい」と言うので、
色鮮やかな四角に上に、
気の向くまま、「絞り出し法」で線を描加えることにしました。
線を電気炉で焼き付けたら、
スランピング技法で成型して、お皿の完成です。

色鮮やかな四角いパーツだけでも楽しげだったのが、
線を描き加えた事で、さらに楽しさが増し、
見てると元気が出てきそう♪
縁周りの透明部分を少し大めにとったことで
爽やかさも感じさせます。
作品全体のバランスがイイですね。

O.Y.さんは子供たちに絵を教えているそうです。
鮮やかな色使いは、その経験が活きているのかしら。