渋い色に透明が映える中鉢(N.M.さんの作品)

カテゴリー: 
ガラス教室の作品紹介  2018/01/20 (土) 09:38 水吉郁子
IMG_0869_m.JPG
N.M.さんの手元には、
以前作品を作った際に出た透明なガラス板のカケラがありました。
それを濃い色のベースの中に入れたら綺麗かも、
ということで、カケラを活かした作品を作り始めました。

まず、透明のカケラを大小いろいろな四角にカットします。
それを、バランスを見ながら棚板の上に配置して、
その回りに藍鼠色のガラスの粉を敷き詰め、
電気炉で焼成して丸いガラス板にしました。
その後、スランピング技法で成型して
中鉢の完成です。

透明なカケラをどうやって活かそうかと
考えるところから始めたので、
透明の部分が主役になった、
渋い色合いなのに爽やかな作品ができました。
狙い通りの作品になりましたね。

早速使ってみました、と
N.M.さんが写真を送ってくれました。
DSC_0169_m.JPG