光の反射を楽しむ大皿(H.S.さんの作品)

カテゴリー: 
ガラス教室の作品紹介  2018/10/05 (金) 16:45 水吉郁子
IMG_2754_m.jpg
このところ、炭酸カルシウムや石膏で凸凹を付ける
レリーフ技法を取り入れる人が増えています。

レリーフ技法は、ガラス板の表面に凹凸を付け、
そこで光が屈折したり反射したりすることで
模様が浮かび上がる、という方法ですが、
表面に凹凸を付けるだけなので、
作品全体の雰囲気を保ちながら、
ちょっとプラスアルファしたいときに便利で、
デザートのトッピングみたいな感じで
使う人も多いです。

H.S.さんもこの流れに乗って、
レリーフ技法を試すことにしました。
でも、最初はレリーフ技法をちゃんと理解したいと思い、
プラスアルファではなく、
レリーフ技法を主役にした作品を作ることにしました。

透明の丸いガラス板を作り
そこに、耐火石膏で絵を描きます。
模様は気の向くまま、意味があるような、無いような。
いたずら描きをするように、遊ぶような気分で描き、
電気炉で加熱してガラス板に凸凹をつけ、
スランピング技法でお皿にしました。

よく見ると、
動物のような模様やハート模様がありますけど
主役は、なんと言ってもキラキラです!
レリーフで光が乱反射してできる
キラキラがシンプルに綺麗です。